仕事内容 仕事選び

話す仕事のメリットとは?話すことが好きな人に最適な仕事8選

話すことが好きな人にあった仕事は、どのようなものがあるのでしょうか。話すことが好きな人の特長や、人と話をする仕事のメリット・デメリット、おすすめの仕事を解説します。

話す仕事のメリットとは?話すことが好きな人に最適な仕事8選

話すことが好きな人にあった仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。
今回は、話すことが好きな人におすすめの仕事を8つご紹介します。また、話すことが好きな人の特長や、人と話をする仕事のメリット・デメリットもあわせて解説します。

話すことが好きな人の特長

話すことが好きな人には、いくつか特長があります。まずは、人と話すのが好きな人の特長をご紹介しましょう。

社交性がある

話すことが好きな人は、社交性があるという特長があります。「いろいろな人と知り合いたい」「話したい」という気持ちが強く、初めて会う人でも緊張せずに話ができるでしょう。基本的に明るい性格で、相手に楽しんでもらいたいという思いから、ユーモアを交えて話すことが多いです。

みずから行動できる

話し相手がどのような気持ちなのかを察知して、みずから積極的に行動することも、人と話すのが好きな人の特長です。話すのが苦手な人が相手であれば、先回りして話しやすいように誘導することが多いでしょう。また、些細な表情の変化にも敏感に反応できるので、大人数での会話でも細やかに配慮します。

沈黙が苦手である

人と話していると、なんとなく沈黙してしまうことはよくあることです。しかし、沈黙が苦手で我慢できないという人もいます。会話の流れで沈黙になりそうになると、すかさず口を開いて、その場をなごませるよう話し始めることも多いです。

会話によって人を楽しませることができる

人と話すのが好きな人は、会話のテンポも早いという特長があります。どんな会話でもさまざまな話題を提供し、その場を楽しませることができるのです。    

話すことが好きな人におすすめの8つの仕事

では、人と話すことが好きな人におすすめの仕事には、どのようなものがあるでしょうか。ここでは、8つの仕事を紹介します。

コールセンター

コールセンターは、お客さまからの商品・サービスに関する困り事に電話で対応したり、営業電話などをかけたりする仕事です。ほかの職種に比べて高時給なことが多く、特別な資格は必要ありません。未経験でも始められる仕事でもあって、20代、30代を中心に人気を集めています。
オフィスワーク自体が初めてでも、台本(トークスクリプト)のフローチャートに沿って対応すれば完結できるようになっているので安心です。話すのが好きな人であれば、お客さまの気持ちに寄り添った対応ができるので、活躍しやすい仕事でしょう。

コールセンターの詳しい内容については、下記のページを参考にしてください。

オペレーターとは?コールセンターの仕事内容を紹介

営業

営業は、自社の商品・サービスの魅力をお客さまに伝えて、販売する仕事です。お客さまと会話することがメインの仕事のため、話すことが好きな人にとって最適な仕事でしょう。
成果報酬(インセンティブ)をもらえる会社もあるので、高収入が見込めるかもしれません。ただし、売上などのノルマが厳しくて基本給が安い会社もあるため、仕事を探すときにはしっかり見極めることが重要です。

ツアーガイド、バスガイド

人と話すことが好きな人は、観光地を案内するツアーガイドや、バスガイドもおすすめです。人に喜んでもらったり、多くの人とふれ合ったりすることが好きであれば、やりがいを持って仕事ができるでしょう。小さな子供からシニアまで幅広い年齢層の旅行をアテンドする中で、持ち前のコミュニケーション能力の高さを存分に活かせます。

医療、介護関係

医療、介護関係の仕事は、患者や利用者とのコミュニケーションが必要となる仕事です。患者や利用者、ご家族に対して、わかりやすく現状の説明をしたり、場合によっては明るく励ましたりすることが求められます。人の気持ちに寄り添える人にとっては、最適な仕事でしょう。
しかし、職場によっては夜勤があり、不規則な生活になってしまうこともあります。また、介護の仕事は、入浴介助など体力を使う仕事もあるため、自分自身の体調管理は欠かせません。

塾講師

大学以上の学歴が必要になることが一般的ですが、子どもたちに勉強を教える塾講師も、人と話すことが好きな人におすすめの仕事です。勉強が嫌いな子供や進学校への受験を控える子どもに対して、わかりやすく説明したり、やる気を引き出す工夫をしたりすることが求められます。また、親しみやすい人柄であることも重要です。

アナウンサー、レポーター

テレビやラジオなどで情報を伝えるアナウンサーやレポーターの仕事も、話好きな人におすすめです。ニュース番組やスポーツの実況、イベントの司会などで活躍できるでしょう。原稿をそのまま読むだけではなく、予期せぬことが起こったときに、臨機応変に対応する冷静さが必要になる仕事でもあります。

お笑い芸人

お笑い芸人は、テレビや舞台などでネタを披露し、人を笑わせる仕事です。落語、漫才、コントなど、さまざまなジャンルがあります。観客のリアクションなど、場の雰囲気に応じて話をすることが求められるため、頭の回転の速さが重要になるでしょう。

YouTuber

話好きな人には、YouTuberもおすすめです。視聴者が好む企画を考え、登録者数や視聴回数を増やすことにやりがいを見いだせる人には最適です。しかし、収益を出すまでに時間がかかることが大半のため、初めから専業にするのではなく、ダブルワークで始めるなどの計画が必要です。 

人と話す仕事のメリット

人と話す仕事をすることでメリットを得ることができます。主なメリットについて見ていきましょう。

誰かに認められる安心感を持つことができる

営業など人との交流が多い仕事では、「人から必要にされている」「評価されている」といったことを実感できます。お客さまから「あなたから買いたい」と言われたり、「あなたで良かった」と感謝をされたりすると、承認欲求を満たせることもあります。成果を出して評価されると、「誰かに認められた」という安心感を持つことができるでしょう。

コミュニケーション能力が身につく

人と話す仕事では、コミュニケーション能力が身につきます。例えば、商品やサービスを説明するとき、お客さまにしっかり理解してもらうために、専門用語ばかりを使って説明するのではなく、わかりやすく説明するスキルが向上するでしょう。

ビジネスチャンスが生まれやすくなる

仕事でさまざまな人とのコミュニケーションをとると、新たなアイディアも生まれ、ビジネスチャンスが生まれやすくなります。また、人との出会いを繰り返していく中で、人脈を広げられるでしょう。

人と話す仕事のデメリット

仕事では、家族や友達と話すのとは違った対応が求められることが多くなります。続いては、人と話す仕事のデメリットをご紹介します。

人とのかかわりがストレスになる

人と話す仕事は接客業が多く、丁寧な対応を求められます。そのため、人と話すときには気を使わなければならない場面も多く、ストレスになることもあるでしょう。

ネガティブな気持ちになることがある

人とのかかわりが多い仕事では、ネガティブな気持ちになってしまうこともあります。営業をしていて提案に時間をかけたのに受注できなかったなど、成果がうまく出せないときには落ち込んでしまうかもしれません。一回ネガティブな気持ちになると、ほかの仕事にも影響して負の連鎖になってしまうこともあります。嫌なことがあったときは、できるだけ早い気持ちの切替えが必要です。

話を聞いて共感しすぎて疲れる

お客さまに気を許してもらえたときには、個人的なつらい境遇を打ち明けられることもあります。しかし、相手の気持ちに寄り添いすぎると、疲れてしまうことがあります。相手の話は親身になって聞きつつも、適度な距離感を持つことが重要です。自分の心も大事にしながら仕事をするようにしましょう。

話すことが好きな人はコールセンターの仕事がおすすめ

人と話す仕事の中で最もおすすめなのが、コールセンターです。研修や仕事を通してビジネススキルが身につくので、初めてのオフィスワークでも問題ありません。ほかの業種に比べて時給が高く設定されていることもあり、学業や子育てなどで時間が限られている人にも人気です。
KDDIエボルバが運営する求人サイト「エボジョブ」では、コールセンターの求人を数多く掲載していますので、条件にあった求人が見つかります。ぜひ、ご覧ください。

詳細は各エリアをクリック↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関東のお仕事一覧

北海道のお仕事一覧

東北のお仕事一覧

中部のお仕事一覧

関西の お仕事一

中国・四国のお仕事一覧

九州のお仕事一覧

沖縄のお仕事一覧
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事監修

赤木 学

・役職:部長
・在社期間:19年
・経歴:2002年にKDDIエボルバに入社。コールセンター管理者を経て、現在採用部門の担当へ。
・コメント:KDDIエボルバではオペレーター未経験の方もたくさん活躍しています。まずはお気軽にご相談ください。私たちがしっかりサポートします。

この情報をシェアする

さっそく仕事を探してみよう

コールセンターのお仕事ならエボジョブで。
KDDIグループだから安心です。