エボジョブ

  • KDDI

コールセンターバイトの志望動機は何を書けばいい?
書き方と例文7つ

 

自分の働き方に合わせて勤務できたり、高時給であったりと魅力が満点のコールセンターのお仕事。しかし、履歴書や面接で志望動機を聞かれた際はなんと答えれば良いのでしょうか?志望動機を伝えるためのポイント、例文をご紹介します。

 

 

志望動機を書く前にチェックすべき、コールセンター2つの種類

テレビCMやドラマでお馴染みの、ヘッドセットマイクをつけてパソコンに向かうイメージが強い、コールセンターというお仕事。そもそも、コールセンターの業務の内容はどのようなものなのでしょうか?

 

コールセンターは大きく分けて「インバウンド」「アウトバウンド」という2種類のお仕事があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

 

 

■インバウンドについて

 

インバウンドとは、こちらにかかってきた電話を受け付ける業務のことを指します。商品やサービスに関する利用方法、不具合などの各種相談窓口、料金や請求の窓口などがあります。
窓口対応がほとんどのため、業務知識や対応範囲に広く対処する力が必要になってきます。そのため、初期研修の量が多いというのも1つの特徴になります。
相手の困っていること、要求を上手に聞き出せる人。知識をつけることが好きな人に向いているといえます。

 

 

■アウトバウンドについて

 

アウトバウンドとは、こちらから電話をかける業務のことを指します。世論調査などのアンケート収集、商品やサービスの注文獲得、セールスアポイントの獲得などが主な業務になります。

自ら電話をかけるため、コミュニケーションを取ることに抵抗のない方、電話の向こうの状況を把握できる方が向いています。

 

それぞれのお仕事について、向いている方も合わせてご紹介しました。しかし、コールセンターのお仕事は比較的どなたでも始めやすい特徴があります。

研修体制がしっかりしていて、他のお仕事によくある「とりあえずやってみよう」という形が少ないためです。

インバウンド、アウトバウンドの向き、不向きについては、どちらが自身に合っているかという一つの参考程度にとらえましょう。

志望動機で差をつけて!コールセンターの求人倍率の高さ

コールセンターは人気の職種であるとご存知でしたか?インバウンド、アウトバウンドそれぞれの求人倍率をグラフでまとめました。2017年度の4〜12月、弊社調べのデータをご紹介します。

 

 

倍率は応募数/求人数で出しています。いずれも倍率は高く、インバウンドが3倍、アウトバウンドが4倍以上となっています。とても人気な職だということが分かりますね!

先程もお話した通り、コールセンターは比較的どなたでも始めやすいお仕事です。そのため、志望動機は特別なスキルよりも『やる気』で判断される部分が多いです。

人気な職に就くために、より魅力的な志望動機でアピールしましょう!

コールセンターの志望動機の書き方!気をつけるべき2つのポイント

実際に志望動機はどのように書き進めるのかをご紹介します。コールセンターの業務は先ほど挙げた通り、インバウンド、アウトバウンドと大きく2種類に分かれます。それぞれに合った志望動機がありますので、どういった点を注意すべきか、把握しましょう。

 

 

■インバウンドの時のポイント

 

インバウンドでは、座学、OJTといった研修をしっかりと受けた上で業務に取り掛かります。また研修を終えた後も、業務に必要な知識を覚えたり、トークスキルを磨く必要があったりします。

そのため、研修を乗り切る根気があること、学ぶことが好きであることなどをしっかりとアピールしましょう。

 

 

■アウトバウンドの時のポイント

 

アウトバウンドでは、新規顧客のアポイントメントの獲得や市場調査などが主な業務になります。トークスキルにフォーカスされがちですが、相手のペースに合わせて話すスキル、相手を納得させる説明能力も重要になります。

人との会話に苦手意識がないことをアピールしましょう。

 

どちらの業務を志望するにも、気持ちの部分が大きな割合を占めます。あまり難しく考えず、責任感を持って働けることを訴えるようにします。

 

コールセンターの志望動機の書き方!気をつけるべき2つのポイント

実際の志望動機を7つ、ご紹介します。例文を参考に、自分ならではのアピールを考えてみましょう。特に重要なポイントは、コールセンターの基本的な姿勢を理解している、スキルの向上心があるというのをアピールすることです。

例1)会話を通じて、人に感謝される仕事がしたいと考えました。

 

例2)接客経験で培ったマナー、コミュニケーション能力を生かせる仕事に就きたいと考えたため。

 

例3)育児と両立できる社風にひかれました。社会復帰して充実した生活を送ることで社会の役に立ちたいと思います。

 

例4)人と話すことが好きで、その道を極めたいと思いました。

 

例5)以前コールセンターで親切な応対をされ感激したことがあり、自分も同じようなことをしたいと思ったため。

 

例6)音楽活動を支援していると伺い興味を持ちました。充実した生活が仕事にも良い影響を与えられると考えますのでよろしくお願いします。

 

例7)KDDIグループで社員を目指したいです。未経験ですが、人の3倍努力して必要とされる人間になりたいです。

 

7つ挙げているうちのいくつかの例は、日頃どんな方でも思いつくことではないでしょうか?コールセンターの志望動機はやる気を伝えられれば、個性的な内容を無理に考える必要はありません。

普段何気なく意識している点を挙げてみましょう。

エボジョブなら志望動機の記載方法に迷っても安心!

今回、コールセンターの志望動機についてご紹介しました。ただ、コールセンターで働きたい思いを文章に表すのは、難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのがエボジョブでご紹介しているお仕事です。エボジョブでのお仕事探しなら、履歴書不要!志望動機は面接時をお伺いするので、直接お話し頂けます。

コールセンターは会話が主軸のお仕事です。文章が苦手でも、直接志望動機を伝えられればむしろプラスになるかもしれません。

きっとあなたにぴったりのお仕事が見つかるはずです。ぜひお気軽にチェックしてみてください!

コールセンターのお仕事に強みのあるKDDIエボルバの求人サイト「エボジョブ」で先ず探してみましょう!

 

 

 

詳細は各エリアをクリック ↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関東のお仕事一覧

 

北海道のお仕事一覧

 

東北のお仕事一覧

 

中部のお仕事一覧


関西のお仕事一

 

中国・四国のお仕事一覧

 

九州のお仕事一覧

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

コールセンターの求人、バイトなら

KDDIエボルバの求人情報サイト -エボジョブ-

https://www.evojob.com/

 

高時給・未経験OKなど/KDDIエボルバなら、

充実の待遇で安心!

 

  • 記事監修

    武内 万桜

    ●在社期間:10年
    ●経歴:KDDIエボルバに新卒入社して10年目。派遣担当、総括担当を経て採用を担当し色々な方とお会いした経験は同級生の誰にも負けない自信があります!
    ●コメント:堅苦しく考えなくて大丈夫です。「時給が高かったから」「通勤が便利だから」「オフィスで働いてみたい」「服装自由だったから」など、率直な気持ちを面接でお話し頂ければ十分です。その上でコールセンターで働くメリットを一緒に考えていきましょう!

最近見たお仕事


ページトップに戻る